プライスハック
  • プライスハックでプライシングに対するどんなお悩みも解決!
  • お問い合わせ
プライスハック

MRR(月間経常収益)とは?計算方法・SaaS・サブスクリプションビジネスで重要な理由

2020/12/26 (更新日:2021/09/06)

MRR(月間経常収益)とは、企業が毎月繰り返し得られる売上のことであり、SaaSをはじめとしたサブスクリプションサービスを展開する企業において成長率などを表すための重要な指標です。

MRR(月間経常収益)とは

MRR(Monthly Recurring Revenue/月間経常収益)とは、企業が毎月繰り返し得られる収益(売上)のことで、確実に予測できるものを指します。

MRRは、サブスクリプションモデルの場合、ビジネスの収益性とキャッシュフロー、成長率を把握するために欠かせない指標です。

MRR(月間経常収益)が重要な理由

サブスクリプション企業がMRRを測定・利用するのは、次の2点が主な理由です。

財務予測が可能になる

サブスクリプションモデルでは、毎月の売上を安定してあげられます。そのため、MRRを把握することで、より正確な財務予測が可能です。

毎月安定した収益を得られたら、ビジネスの状態や、それがどのように進展していくかの予測ができ、それに合わせたて事業計画を実行できます。

投資における判断材料になる

投資家からの支援を受ける場合、企業は自社の成長を示すために、MRRは重要な指標となります。

月毎の収益を表すMRRは、月によって比較することで、成長度合いを把握でき、投資家にサービスが非常に成長している段階なのか、それとも成長前なのかを示せます。

MRR(月間経常収益)の計算方法

MRRを計算する簡単な方法は、提供している月額料金プランごとに顧客数をかけて合計する方法です。

MRR = 提供している月額料金プラン×顧客数
※プランが複数ある場合は、それぞれのプランを合計

MRR(月間経常収益)を計算する際のよくある間違い

MRRは企業の内外の意思決定に用いられる指標であるため、計算を慎重に行う必要があります。主な間違える点としては、収益の時間的な偏りを是正しないことと、必要な分の収益を計上しないことなどの、次の5点があげられます。

・売り切りモデルの収益を計上してはいけない
・半年・年契約などの一括払いをそのまま収益として計上してはいけない
・トライアル期間を含めてはいけない
・割引額を差し引かないまま計上してはいけない
・取引手数料と延滞手数料を含めてはいけない

MRR(月間経常収益)の最適化が必要な理由

MRRを算出すると、会社やサービスの状態を把握できるうえ、それをもとに目標設定や目標達成方法を考えられます。ここでは、MRRを最適化するべき理由について4点解説します。

サービスの成長度合いを追う指標にできる

SaaSなど、サブスクリプションモデルのサービスにおいて、MRRは収益の度合いを直接的に表す指標です。月ごとの成長も測ることができるため、MRRはサービス成長の指標として活用できます。

プロダクトチームの動機付けができる

プロダクトの質の向上は、顧客の維持に繋がり、MRRの損失を防ぎます。

そのため、MRRを追うことで、プロダクトチームはMRRの減少を防ぐ機能の開発や顧客体験の創出に力を入れるように動機付けられます。

マーケティング・セールスチームへの動機付けができるため

マーケティング・セールスチームは、より質の高い顧客を獲得することで、MRRを向上させられます。そのため、新しく増えた顧客が解約することなく、毎月安定した売上をあげられるかが重要です。

財務指標として活用できる

サブスクリプションにおいて重要な財務指標であるMRRは、外部に対して企業の状況を表せます。MRRが成長していることは、サービスの成長を測ることが可能です。

まとめ

MRRは、内外にサービスの成長を表す簡単かつ重要な指標です。正しく計算することができれば、サブスクリプション企業に前向きな影響を与えることになるでしょう。

プライスハック監修

執筆者

高橋 嘉尋

CEO at プライシングスタジオ株式会社

プライシング専門メディア「プライスハック」を監修するなど、プライシングに関する専門知識が豊富。プライシングスタジオの全案件にて、クライアント企業の価格課題分析 及び プライシングのアドバイザリー業務を担当。コンサルティング経験としては、飲食業界のプライシングに関する長期プロジェクトに参画し、売上改善を達成。

カテゴリー

関連記事一覧