プライスハック
  • プライスハックでプライシングに対するどんなお悩みも解決!
  • お問い合わせ
プライスハック

飲食店向け自動予約受付AI「トレタ予約番」、正式リリース

2021/05/01 (更新日:2021/05/31)

自動予約受付AI

飲食店向け予約/顧客台帳サービスを開発・販売するトレタCCは15日、飲食店の電話予約をAIで自動受付する「トレタ予約番」をリリースした。開発には共同でunirobotも参加している。

AIによる自動応答サービス「unirobot cloud」を組み込み、感情解析、音声認識などを含む、コミュニケーションを豊かにする各種インテリジェンス機能をサブスクリプションサービスとして提供している。業務オペレーションの音声入力化や電話の自動応答化、ロボット等ハードウェア制御やIoT連携などの実現に必要となる技術を、クラウド経由で機能単位で利用可能である。

トレタ予約番のイメージ

トレタ予約番のシステムとは

この「トレタ予約番」は、飲食店にかかってくる電話にAIが自動で24時間365日対応するサービスだ。新規予約を自動で受付し、自動配席・登録までを完了する。また、予約確定時に予約者に、SMS配信も可能である。また、この「トレタ予約番」経由で受付した予約であれば日時変更やキャンセル対応もできる。

時間帯ごとに店舗への転送もオン・オフの切り替えが可能であり、営業時間内でも店舗の状況に合わせ臨機応変な運用ができる。また、予約者が店員への取次を希望した際も、予約者情報などを音声で共有するため、予約者に同じ質問を繰り返さずに済む。

「トレタ予約番」のビジネスモデル

「トレタ予約番」のビジネスモデルはサブスクリプションの中でも、オンラインサービス型であり、特定のサービス、機能をオンライン上で一定期間使用する権利得られる。こうしたサービスは事業者が常時アップデートするので利用者は常に最新の機能を使うことができる。

プライスハック監修

執筆者

高橋 嘉尋

CEO at プライシングスタジオ株式会社

プライシング専門メディア「プライスハック」を監修するなど、プライシングに関する専門知識が豊富。プライシングスタジオの全案件にて、クライアント企業の価格課題分析 及び プライシングのアドバイザリー業務を担当。コンサルティング経験としては、飲食業界のプライシングに関する長期プロジェクトに参画し、売上改善を達成。

タグ