飲食業界で4月1日から価格改定の波 総額表示義務の影響か

総額表示義務による外食業界への影響

1日から、商品やサービスの価格を消費税込みで表示する「総額表示」が義務化される。
消費者は支払総額が一目で分かるようになる一方、本体価格のみを表示していた企業は対応を急いでいる。
今回は、価格改定が行われる外食業界の会社を紹介する。

モスバーガー

モスバーガーは、1日に店内飲食とお持ち帰りを同じ価格に統一する。

モスバーガー(出典:モスバーガー 公式サイト)
商品名 現行価格(店内) 現行価格(テイクアウト) 新価格
モスバーガー 377円 370円 390円
ハンバーガー 224円 220円 220円
ホットドッグ 326円 320円 340円
モスライスバーガー 346円 340円 370円
とびきり和風ソース 418円 410円 440円
ポテトS・ドリンクセット 418円 410円 410円
フレンチフライポテトS 224円 220円 230円
モスチキン 275円 270円 270円
ブレンドコーヒー 255円 250円 250円
アイスコーヒーS 234円 230円 230円

 

丸亀製麵

丸亀製麵は1日に、価格改定を行う。昨今の外食産業をとりまく厳しい環境と人件費が高騰している状況を受けてのこと。
次の価格表はサイズ「並」に限って表記する。

かけうどん(出典:丸亀製麵 公式サイト)
商品名 現行価格 新価格
釜揚げうどん 290円 290円
かけうどん 300円 320円
ぶっかけうどん 300円 320円
釜玉うどん 370円 390円
明太釜玉うどん 440円 460円
とろ玉うどん 440円 460円
カレーうどん 490円 510円
きつねうどん 440円 470円
さつまいも天 110円 120円

 

リンガーハット

リンガーハットは3月1日に、メニューの価格表示方法を「総額表示」に変更し、商品の価格改定をおこなった。
また、長崎ちゃんぽんのめん増量無料サービスを、2月28日をもって終了した。

東日本エリア 西日本エリア
商品名 現行価格 新価格 現行価格 新価格
長崎ちゃんぽん 649円 650円 616円 620円
長崎ちゃんぽん麺1.5倍      / 700円      / 670円
長崎ちゃんぽん麺2倍      / 750円      / 720円
小さいちゃんぽん 495円 500円 495円 500円
野菜たっぷりちゃんぽん 814円 820円 814円 820円
ピリカラちゃんぽん 715円 700円 682円 680円
長崎皿うどん 682円 680円 682円 680円
長崎皿うどん麺2倍      / 780円      / 780円
小さい皿うどん 495円 500円 495円 500円
野菜たっぷり皿うどん 825円 840円 825円 840円
薄皮ぎょうざ5個 275円 280円 275円 280円
半チャーハン 286円 290円 286円 290円

 

博多 一風堂

博多一風堂は1日に、メニューの価格表記の変更及び、商品の価格改定を行う。

商品名 現行価格 新価格
白丸元味 825円 790円
赤丸新味 902円 890円
極からか麺 935円 930円
替玉 110円 150円
博多ひとくち餃子 462円 470円
明太子ごはん 429円 430円
チャーハン 649円 650円
ハカタノチカラめし 462円 470円

 

はなまるうどん

はなまるうどんは1日に、店内飲食とお持ち帰りを同じ価格に統一する。
値上げする商品も値下げする商品もあり、変化にばらつきがある。

商品名 現行価格(店内) 現行価格(テイクアウト) 新価格
かけ 小 242円 237円 240円
かけ 中 352円 345円 350円
かけ 大 462円 453円 470円
おろししょうゆ 小 253円 248円 240円
おろししょうゆ 中 363円 356円 350円
おろそしょうゆ 大 473円 464円 470円
温玉ぶっかけ 小 319円 313円 320円
温玉ぶっかけ 中 429円 421円 430円
温玉ぶっかけ 大 539円 529円 550円
コク旨サラダうどん 小 506円 496円 520円
コク旨サラダうどん 中 616円 604円 630円
にこはなセット 429円 421円 420円
天ぷら ちくわ磯部揚げ 110円 108円 110円
天ぷら 半熟たまご天 121円 118円 110円
天ぷら 野菜かき揚げ 143円 140円 150円

 キリの悪い数字「端数価格」の戦略とは?

スーパーやレストランなどで「980円」「2,980円」などのキリの悪い数字をよく見かけることがある。
これは、端数価格と呼ばれる価格戦略である。
端数の数字には、消費者はより具体的な価格と感じ、割引や低価格というイメージを持ちやすく、消費者はより具体的な価格と感じる。

また、全体としてかかるコストが計算しにくくなるため、消費者に衝動買いをうながせる。

一方、0や5などのキリの良い数字であると、価格を切り上げ、均等にしているため、消費者に高級品として認識させられる。


プライシングスタジオにご相談ください
価格改善クラウド
執筆者

執筆者

高橋 嘉尋

CEO at プライシングスタジオ株式会社

プライシング専門メディア「プライスハック」を監修するなど、プライシングに関する専門知識が豊富。プライシングスタジオの全案件にて、クライアント企業の価格課題分析 及び プライシングのアドバイザリー業務を担当。コンサルティング経験としては、飲食業界のプライシングに関する長期プロジェクトに参画し、売上改善を達成。