SUBARUが運転支援システム「アイサイト」搭載車のサブスク始める 

新サービス「SUBARU サブスクプラン」開始 月額3万9,820円

SUBARUは26日、新たなサブスクリプションサービス「SUBARU サブスクプラン」を開始すると発表した。

月額3万9,820円で、運転支援システム「アイサイト」付きの中古車を提供する。税金や自動車保険料、メンテナンス費用も含んでいる。

(出典:SUBARU  リリース)

「アイサイト」とは、ステレオカメラで前方を監視し、障害物を三次元的に認識することで、自動ブレーキ、クルーズコントロール等を制御するSUBARU独自の「運転支援システム」のこと。

神奈川県と新潟県でサービス開始し、今後エリアは順次拡大予定。

サブスクリプションモデル導入のメリット

サブスクリプションモデルとは、商品やサービスの利用権を定期購入するビジネスモデルである。

サブスクリプションモデルは、メリットを提示する上で、「売り切りモデル」と比較される。売り切りモデルとは、一度商品やサービスを売ってしまえば終わりであるビジネスモデルのことである。

そんなサブスクリプションモデルは、売り切りモデルと比較して、3つのメリットがある。

プライシングスタジオにご相談ください
価格改善クラウド
執筆者

執筆者

高橋 嘉尋

CEO at プライシングスタジオ株式会社

プライシング専門メディア「プライスハック」を監修するなど、プライシングに関する専門知識が豊富。プライシングスタジオの全案件にて、クライアント企業の価格課題分析 及び プライシングのアドバイザリー業務を担当。コンサルティング経験としては、飲食業界のプライシングに関する長期プロジェクトに参画し、売上改善を達成。