【2020年最新版】ダイナミックプライシング導入マニュアル

2020/07/22

こんにちは!Dr.プライスです。「ダイナミックプライシングが何なのかはわかったけど、導入するのは縁遠く感じる・・・」「導入方法が知りたい」とお考えの方に向けてこの記事を作成いたしました。この記事を読んで、自社に最適なダイナミックプライシングの導入につながれば幸いです!
そもそもダイナミックプライシングとは何かを知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

この記事の結論

  • ダイナミックプライシングには、導入に適した企業や、企業ごとに適した導入方法がある
  • 「導入による収益最大化・コスト削減効果が見込まれる」「導入に伴う顧客離れを起こしにくい」ことにつながる特徴を持つ企業は導入に適している。
  • 導入方法には「自社開発」「ツール利用」「受託開発」があり、自社に最適な導入方法を選択することが重要。

ダイナミックプライシングとは

ダイナミックプライシングとは、「高頻度で商品価格を変更させる仕組み」です。主に需給の変動に合わせて価格変更を行う形で活用されており、企業の収益最大化や混雑緩和など、多くの価値を発揮しています。

このように、ダイナミックプライシングは、企業に大きな利益をもたらす仕組みです。

しかし、それはどんな企業に導入しても大きな効果をあげられるわけではありません。また、導入方法も様々あり、それぞれの導入方法に適した企業・適さない企業があります。それらを理解すれば、適切な企業が適切な方法でダイナミックプライシングを導入することができるはずです。

ダイナミックプライシングを導入すべき企業とは?

ダイナミックプライシングを導入すべき企業の特徴には二つのパターンがあります。

一つ目は「導入による収益最大化・コスト削減効果が見込まれる」こと

二つ目は「導入に伴う顧客離れを起こしにくい」こと

です。ここでは、この二つのパターンにあてはまる企業の特徴について簡単に解説します。

パターン1 導入による収益最大化・工数削減効果が見込まれる

ダイナミックプライシング導入の主要なメリットである

  • ①収益最大化
  • ②工数削減

を達成できる企業が、このパターンに当てはまります。

収益最大化を達成できる企業とはなんでしょうか?

それは、「需要が変動する商品を取り扱っている企業」です。そもそもダイナミックプライシングが収益の最大化につながるのは、時間と共に移り変わる商品の需要に合わせて、最も収益を多くあげられる価格に設定し続けられるからです。そのため、需要が変動する商品に対して、効果を上げると言えるでしょう。

では、工数削減効果を見込める企業とはなんでしょうか?

それは既に商品価格の変更を大量かつ頻繁に行っている企業です。競争が厳しく頻繁に価格を調整する必要のある業界や、調整しようとすると大きなコストがかかるような業界では、手動での価格変更そのものに高いコストがかかっています。ダイナミックプライシングではそれを自動化して工数を削減できます。

また、手動での大量の価格変更は、変更間違いなど管理ミスのリスクをはらんでいますが、自動化することでその課題の解決にもつながります。これらの理由から、「既に商品価格の変更を大量かつ頻繁に行っている」という特徴を持つ企業も導入に適していると言えます。

  1. 需要が変動する商品を取り扱っている
  2. 既に商品価格の変更を大量かつ頻繁に行っている

これらのような、ダイナミックプライシングのメリットを享受しやすい特徴を持つ企業は導入に適しています。

 

ダイナミックプライシングのメリットに関してはをご覧ください。

パターン2 導入に伴う顧客離れを起こしにくい

このパターンはデメリットを受けにくい企業の特徴のパターンとなります。ダイナミックプライシングのデメリットとして、顧客離れを起こすリスクがあることが挙げられます。つまり、顧客離れを起こしにくい特徴を持つ企業は、デメリットをあまり受けずにメリットを享受しやすいため、導入に適しています。

そんな顧客離れを起こしにくい企業の特徴としては

  1. 「顧客との強い関係性が築けている」
  2. 「ダイナミックプライシングによる値上げによって顧客にメリットを出せる商品を扱っている」
  3. 「価値の変動が実感されやすいサービスを扱っている

ことが挙げられます。

1.スポーツチームが顧客からの応援で支えられているように、顧客との強い関係を築けている企業では、ダイナミックプライシングの導入が顧客離れを起こしにくいです。

2.また、一部のCtoCサービスなど、商品やサービスによってはダイナミックプライシングの値上げが顧客のメリットになる場合は不信につながりずらく、顧客離れが起きにくいです。例えば、配車サービスUberは、車に乗りたい人が増えた地域の料金をダイナミックプライシングで値上げしますが、それにより顧客のもとにより多くのドライバーが向かうようになるため、結果的に顧客満足度の向上につながります。このような場合は、ダイナミックプライシングがただの儲けのための仕組み、と捉えられにくく、顧客離れを起こしにくいです。

3.この他の顧客離れのケースとして、導入したという事実そのものではなく、ダイナミックプライシングで値上げした商品の価格から、価値に値段が見合わないとみなされてしまい、顧客が離れてしまう場合があるのですが、価値が実際に変動しているから価格も変わって当然、と思われればそれは起きません。そのため、価値の変動を顧客が実感しやすいサービスや商品を扱っていることは、顧客離れの起きにくさにつながります。

 

これらのような顧客離れを起こしにくい特徴を持つ企業は導入に適しています

 

ダイナミックプライシングのデメリットに関してはこちらをご覧ください

 

以上のように、「導入によって自社に大きなメリットをもたらせるか」「顧客離れを防止できるか」が、ダイナミックプライシングの導入を検討するうえで重要なポイントとなります。

ダイナミックプライシングと相性が良い企業について、さらに詳しくこの記事で解説しています。5つの具体的な特徴について解説しておりますので、ぜひご覧ください。

ダイナミックプライシング導入方法比較検討

ダイナミックプライシングを実際に導入しようとすると、検討できる選択肢は3つあります。

一つ目は自社開発、二つ目はツール利用、三つ目は受託開発です。それぞれに良い点と悪い点があり、向いている企業と向いていない企業があります。ここではそれらを簡単にまとめたいと思います。

自社開発

自社にダイナミックプライシングを開発、及び業務で機能させるための人材が揃っている、または揃えられる場合に実行できる選択肢です。プロ野球チームの楽天イーグルスや、海外の民泊サービスのAirbnbなどがこの例です。自社専用のアルゴリズムを自社で開発するため、自社に最適なダイナミックプライシングを導入できると言えます。また、社内で完結できるため、開発自体のスピード感も、取り組みの先進性もはやいものにできます。しかし、開発に必要な人材を揃えることの難しさから、この選択肢を選べる企業は少ないでしょう。

良い点:スピード感を持って自社の事業に適性のあるダイナミックプライシングを開発できる

悪い点:採用費や長期的な人件費が非常に高額になるため、実際に自社開発を選ぶことが難しい

 

ツール利用

SaaS(Software as a Service)を利用することで、サービス提供企業から安くダイナミックプライシングを導入できる選択肢です。月額課金のモデルが多いため、特に初期費用は他の選択肢と比べると非常に安くなります。自社に最適なツールがあった場合はオススメな選択肢ですが、そもそもまだツールが存在する業界自体が少ないのが現状です。また、アルゴリズムの質自体は高いものが多いのですが、多くの同業者が導入している場合、価格の違いによる収益が生まれ辛くなるという欠点があります。

良い点:コスト、特に初期費用が低い

悪い点:多くの同業者が利用し、差別化が難しくなる場合がある

 

受託開発

ダイナミックプライシングのプロである開発企業と共同でアルゴリズム開発を進められる選択肢です。開発企業によっては、実証実験の段階から始められる場合や、導入後にそれを業務に最適化するコンサルティングを受けられる場合があります。費用がツール利用と比べると高くなるものの、自社開発ができる社内環境ではない企業で、適したツールのない場合には一般的に選びやすい選択肢になります。ダイナミックプライシングの開発企業は、それぞれ異なった特徴を持ちますが、それを見極めてどこに依頼するかを検討することが重要になります。特に、実証実験やコンサルティングまで行う企業は少ないのが現状です。

良い点:ダイナミックプライシングのプロと開発及び導入を進められる

悪い点:依頼する企業の見極めが難しい

以上をふまえ、ダイナミックプライシングの導入方法のフローチャートを作成いたしました。導入方法の検討にぜひ活用してください。

こちらの記事では、さらに詳しい各選択肢の特徴の解説や、いくつかの比較軸を元にした比較検討を行っております。導入方法について深く知りたい方はこちらをご覧ください。

ダイナミックプライシングの提供企業

ここまで、ダイナミックプライシングを導入すべき企業、そして導入方法について紹介してきました。自社開発は、実行できる企業が少ないと思われます。そのため、ここではツール提供と受託開発を行っている企業を紹介したいと思います。ツール提供企業の例として株式会社メトロエンジンと、受託開発企業の例として株式会社Best Path Partnersを紹介します。

ツール提供企業 株式会社メトロエンジン


株式会社メトロエンジンは二つのツールを提供しています。

一つが企業名と同じ、「メトロエンジン」というホテル向けのツールです。

メトロエンジンでは、競合価格、在庫、各種イベント、曜日要因などの機械学習データをもとに需要予測を行い、過去の販売実績と照らし合わせて最適な価格を算出します。また、競合分析や宿泊施設に関する全般的なデータ自体の販売もしており、ホテル側のより広いニーズに対応しているのが特徴です。施設数・部屋数ごとに課金される料金モデルのため、導入を検討される際は一度概算で料金を確認することをおすすめします。

もう一つは「me car rentals」というレンタカー業界向けのツールです。

レンタカー予約サイトから競合他社の販売状況データを取得し、過去の販売実績やメトロエンジンが持つビックデータをもとに需要を予測して、最適価格を算出します。これにより収益を最大化するツールとなります。

 

現在二つの業界でツール提供をしているメトロエンジンですが、これらが自社事業に適性があると感じたようでしたら、お問い合わせをお勧めします。

公式サイト https://info.metroengines.jp/

受託開発企業 株式会社Best path Partners

 

ダイナミックプライシングの開発企業である株式会社Best path Partnersは、受託開発の選択肢を選ぶ場合に有力な企業です。

受託開発企業に依頼して開発する際の主要なメリットとして、ダイナミックプライシング開発のプロに、自社に最適化されたアルゴリズム作成を依頼できることが挙げられます。

Best path Partnersでは、もちろん自社に最適化されたアルゴリズム作成が行われますが、それに加えて、実証実験導入コンサルティングを行ってもらえるという特徴がありあます。小規模な実証実験からスタートできるため、まだ導入実績がない業界での開発や自社に適したアルゴリズム作成の可否を安く試すことができます。また、導入がそもそも必要か、導入するならばどのように現場の業務に落とし込むのか、といった部分のコンサルティングも提供されるのです。

ダイナミックプライシングを実際に機能させる、という段階までサポートする会社であるため、自社に適切なシステムを作り、それを効果的に機能させたいようでしたら、Best path Partnersへのご相談をお勧めします。

公式サイトhttps://best-path-partners.com/

 

ダイナミックプライシングの提供を行っている企業は他にもあります。各社・各ツールの特徴を比較しながら詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください!

まとめ

ダイナミックプライシングは、企業の収益を最大化するなど、魅力的なメリットを持ちます。

そしてそのメリットを多く享受できる企業、デメリットを受けにくくメリットだけを享受できる企業は存在します。そのような企業様は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、その際には、今回三点挙げた導入方法をしっかりと検討することが大切です。この記事が検討のお役に立ったのなら幸いです。また、今回取り扱った内容は、詳細に解説した個別の記事を用意しておりますので、そちらもぜひ参照してみてください!

この記事の監修者

プライスハック監修

高橋嘉尋

株式会社Best path Partners代表取締役社長

Best path Partnersは、B2B向け価格改善クラウド「Pricing Sprint」の開発・提供や、様々な産業へのダイナミックプライシング受託開発・導入サポート事業を展開している。また大手飲食チェーン店をはじめとする様々なクライアントに対し、プライシングコンサルティングを実施している。

Related Article

関連記事

コロナ禍でダイナミックプライシングが大幅促進!?ニュースと事例を総まとめ!

2020/07/30

新型コロナウイルスの感染拡大と共に耳にすることが増えた「ダイナミックプライシング」。この記事では、コロナ禍で報道されたニュースをも...

ダイナミックプライシングのおすすめサービス一覧。専門家がガチ比較・ガチ評価しまし...

2020/07/22

ダイナミックプライシングのサービスは現在様々な業界で活用されています。この記事では、国内で提供されているサービスを業界別で網羅的に...

ダイナミックプライシングはどうすれば導入できる?各アプローチを徹底比較。

2020/07/22

「ダイナミックプライシングを導入したいけど、実際どうしたら良いのだろう」このようにお考えのかたはぜひこの記事をご覧ください。3種類...

ダイナミックプライシングと相性の良い企業は?事例をもとにわかりやすく解説します。

2020/07/22

ダイナミックプライシングの導入には、適性のある企業、ない企業があります。この記事では、ダイナミックプライシングの導入が適している企...